マイクロバブル技術による浜名湖浄化実験|2003年6月?2004年3月まで、 浜名湖水域(静岡県浜松市)にて水質浄化技術発掘事業を実施

マイクロバブル発生技術を浜名湖におけるカキ養殖に適用し、その水域の水質浄化と養殖カキの成長促進を試みました。

Using microbubble technology in the Lake Hamana purification experiment

Start up of water purification technology scouting project at Lake Hamana aquatic area June 2003 to March 2004.
Microbubble generating technology was used for oyster cultivation in Lake Hamana in an attempt to purify the water quality in that aquatic area and speed up the growth of cultured oysters.

生理活性効果

マイクロバブルの最大の特性として、生理活性効果があげられます。 たとえば、マイクロバブルを二枚貝に供給すると、通常では見られない開口現象や、新陳代謝の促進が観察され、抜群の成長効果を得られます。海水では淡水と比べて5倍のマイクロバブルが発生するため、特にカキ・ホタテ・真珠などの水産養殖技術として有効といえます。

Bioactive effect

A prime feature of microbubbles is said to be their bioactive effects. Supplying microbubbles to clams for instance, yields superb growth effects such as a speeded up metabolism and opening phenomenon that are not normally observable. Microbubbles in seawater can be generated at 5 times the rate of freshwater and so is a highly effective technology for aqua/fish culturing including oysters, scallops, and pearls, etc.

水質浄化作用

日本各地で課題となっている水質汚染。この問題の解決策のひとつとされるのがマイクロバブルです。水中の溶在酸素濃度を向上させることで生態系を改善し、水質の浄化に結びつけることが期待されています。また、湖沼の底質改善にも応用され、汚泥を曝気槽でマイクロバブル処理して汚泥を減量する試みが行われています。これらはすでにダム湖の浄化・排水処理などに利用され、汚泥破壊の効果を発揮しています。

Water purifying effect

Water pollution is becoming a serious issue in every region of Japan. One technique for dealing with these problems is microbubbles. Boosting the dissolved oxygen content in the water is likely to improve the ecosystem and also linked to cleaner water. Microbubbles are also being used to improve bottom sediment in lakes and attempts are being made to reduce sludge by using microbubbles to process sludge in aeration tanks. This technique has already been utilized for purifying dam lakes and sewage treatment where it is effective in decomposing sludge.

マイクロバブル実験図
マイクロバブル実験報告書

養殖カキの成長観察による水質浄化の検証。マイクロバブルを供給したカキは、非供給のカキと比べて、9カ月間で1.5倍の大きさに成長しました。

Verifying water quality purity by observation of cultivated oysters. Oysters supplied with microbubbles over a 9 month period showed growth that was 1.5 times higher than oysters not fed with microbubbles.

マイクロバブル非供給カキ写真

マイクロバブル非供給カキ
2004年3月
March 2004
Oysters not fed with microbubble

マイクロバブル供給カキ写真

マイクロバブル供給カキ
2004年3月
March 2004
Oysters fed with microbubbles

ホーム > 製品情報 > マイクロバブル技術による浜名湖浄化実験